XAMPP

Filed in Web関係

別のエントリで触れた”XAMPP”について、簡単にまとめておきます。

そもそもXAMPPとは何でしょうか。Wikipediaには、以下の様に記載されています。

Apache(Webサーバ)、MySQL(SQLデータベースサーバ)とWebプログラミング言語であるPHPや同目的で使われるPerlの4つの主要ソフトウェアとphpMyAdminなどの管理ツール、さらにSQLiteなど、いくつかの補助的なソフトウェアとライブラリモジュールが含まれている。名前の2文字目以降のAMPPは主要4ソフトウェアの頭文字である。元々は対応OSはLinuxのみであり、その頭文字Lを付けLAMPPと称したが、後に複数のOSに対応したためLをXに変えXAMPPとなった。 現在、Windows、Linux、Mac OS X、Solarisで利用可能である。

本来、前述の複数のソフトウェアを個別にインストールする必要があり、非常に手間がかかるが、XAMPPは一括してインストールするだけで、すぐに開発や運用が開始できる。パッケージとしての特性上、個々のソフトウエアのバージョンが必ずしも最新版で揃えられてはおらず、特にドライバモジュールに古いまま更新されていないものが含まれるが、開発用・学習用としては十分といえる。

何やら小難しい事が書いてありますが、 要は「実験用のWebサーバを簡単に構築するためのソフト」と言う解釈で良いと思います。 いきなりレンタルサーバを借りたりせず、 まずは自分の環境でじっくり作り込みたい人におすすめです。

私がメインで使用しているのはMacBookなので、 XAMPPをMacOSXで使用する手順を以下に記載します。

1. ダウンロード

ここから、最新版をダウンロード。

2. インストール

ダウンロードしたdmgファイルをマウントして、
XAMPPディレクトリをApplicationsディレクトリの下にコピーするだけ。

3. 起動

ターミナルで以下を実行すると、apacheとmysql-serverが動作します。
sudo /Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp start

4. 接続してみる

Webブラウザでhttp://localhost/にアクセスすると、
“It Works!”と書かれたページが表示される。

5. 終了

ターミナルで以下を実行すると、apacheとmysql-serverが停止します。
sudo /Applications/XAMPP/xamppfiles/xampp stop

以上で、実験用のWebサーバの構築が完了です。 サーバのDocumentRootは以下のパスに設定されるため、 Webサイトで使用するデータは、この下に入れる必要があります。

/Applications/XAMPP/htdocs

 

 
Click to view/hide